2004年12月09日

ラン・トゥ・ユー

maboroshi.jpgこの世の中には知らなくてもいいけど、知っておくと何かの時に役に立つ珍作・怪作・迷作な映画がいくつかあるのだが、壮大な失敗作という意味では「幻の湖」は突出した存在だろう。断っておくが「デビルマン」のように存在自体が罪な映画は別な意味で突出しているのであって、「幻の湖」とは同列に並べることは許されない、つーか許さない。
リンク先をamazonとしたのは、amazonのサマリーがあまりにも良く出来ているため。まあ本作を要約するのは不可能なので、決して「正確」ではないが。
amazon曰く。

>橋本忍が贈る奇妙なSFドラマを初パッケージ化。
>何者かに愛犬を殺されたソープ嬢・道子は復讐を誓い、犯人を捜し始める。
>実はこの復讐劇には戦国時代からの怨念が絡んでおり、
>さらに事態は政府の宇宙開発を巻き込み、ジョギング対決へと発展していく。

ちなみに主人公は正確には「ソープ嬢」ではなくトルコ嬢である(同じだッて!)。
橋本忍という人は、ご覧の通りの超巨匠だったりするのだが、「七人の侍」「砂の器」の脚本家をして、その輝かしいキャリアを全て帳消しにしてしまったに違いない本作の内容は、一見、分裂症の作文みたいな上記梗概に要約される「奇妙なSFドラマ」である。ちなみに、特撮(!)は「マタンゴ」の中野昭慶。哀愁すら感じさせるショボイ特撮で観る者を釘付けにしてくれる。しかもラストシーンで。
その衝撃度合いは是非、「幻の湖」+「宇宙パルサー」でググっていただきたい。死ぬほどヒットするから。しかし、どのサイトも概ね「爆笑ものの珍品」扱いで、場合によっては本気で貶しているのが残念でならない。案外好きだったりするのよ、俺、この映画。確かに、あまりにも突飛な展開は人によっては噴飯物だし、爆笑物の迷台詞(多分、橋本忍的には大真面目)のオンパレードが許せない人もいると思う。
しかし、戦国時代の逆さ磔から、宇宙空間での船外遊泳まで、土曜ワイド劇場女優、南條玲子演じる「お市さん」の生き様を、犬と出刃包丁をキーに、暗躍するアメリカ人トルコ嬢=実は巨大諜報機関のエージェントとの交流も交えつつ、ただ只管に女が走り続ける描写によって(無理矢理)描き切ったこの2時間40分の力作をただ笑って見過ごすのはあまりにも惜しいと思えるのだ。
とか内容について書いてる俺が、何か頭おかしいこと書いているように見えてきたよ。ともあれ、ご覧になった方がいらっしゃったら、是非、感想をお聞かせください(「北京原人」とか「さよならジュピター」の感想でも可)。
では、最後に、1982年映画公開時の橋本忍からのメッセージを紹介しておこう。

>誰もが走っている。
>みんなが走っている。
>ただ遅いか早いか、走っていることを意識するしかないかだけだ
>「砂の器」は宿命的な親子の旅だった。
>「八甲田山」は白い地獄の雪の中を這いずりまわる群像たちの喘ぎだった。
>三作目の「幻の湖」は、怒りを追い、夢を追い、涙と愛を追い、
>彼岸の彼方の永遠のロマンを追い、ただ走り続けるものを描きたい。

というわけで、橋本忍先生自身が彼岸の彼方へぶっとばされてしまいましたとさ。合掌。
posted by 西中島・南方 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(1) | ムービー★スター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月07日

ザ・ラヴ・オブ・リチャード・ニクソン

先日購入したCDだが、Mansunと22-20sはCCCDだった。Mansunなんてコピーコントロールしたってしょうがないだろ。誰もコピーしねーよ。ファンはみんな買うし、ファンしか聴きたくならないから。
ま、うちの場合は例のアレでアレしたらすんなりアレ出来たので、早速通勤中に聴いてみた。久々にシャッフル再生ではなく、アルバムをフルで聴いたりしたわけだ。

Mansunは案外良かったのが驚き。3rdアルバムは個人的に気に入らなかった路線なので、"Six"風味も戻ってきたこのアルバムはまあまあイケたみたいだ。3枚組のうちの残りの2枚は何だかどーでもいい楽曲が延々と続くものの、続けて聴いているともう感覚が麻痺してきて、貶める気も失せた。以前、Mansunのライブを観に行ったときに、このヴォーカルとギターは絶対ホモでデキてると思ったものだが、今作のライナーノーツによると、やっぱりバンド解散後、二人でコソコソ曲作りをしているらしい。他の二人が付き合いきれなくなっての解散とみた。

22-20sはThe Libertinesやらの流れで売れているのだと思われるが、一生懸命聴く気はしない。輸入版で安くあげて正解だった。こちらの場合はコピーコントロールでもして保護してあげないとすぐに消費されて終わってしまいそうな感じだ。

U2については、あまり触れたくない、つーか前作はそれなりに名盤だっただけに、今回はかなり落ちる印象。もう政治とかじゃなくて金なんだな、ボノ。ニュースステーションに出て「金ならいくらでもある」と豪語していた辺りから、やっぱり金への執着が目立つようになってきたようだ。アルバム全編、流してる感じなのが、軽くガッカり。ただ、もちろんこのレコードはコピーコントロールではない。iPodのCMやっといてCCCDだったらそれはそれで受けるが。

一方で同じく金がウナってそうなManicsは、相変わらずダサさスレスレのヘロヘロサウンドがたまらない。変に若者気取りのアレンジが可愛かったりする。ジェームズが英首相に立候補するとかいう噂もあったが、次に選挙がある時は是非、ヒュー・グラントにも立候補して頂き、どっちが勝ってもアメリカ人をバカにする政府を作っていただきたい。いや、ともかく、今度のアルバムもなかなか気に入ったわけだ。

ついでに言うと、Tears for Fearsのベストは、やっぱりシングル以外は湿気た曲ばかりという駄目なベストアルバムであった。所詮その程度だったかも、TFF。
posted by 西中島・南方 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月06日

ゴリラがバナナをくれる日

angyoメディアミックスだなんだで儲かりまくっている鋼の錬金術師は、理詰めのオタクライクな完成度であまり好きではない。まあ、でも話の筋は通っているし、画力も一定以上。次から次へと登場する個性的なキャラと、制服フェチにはたまらない軍人ファッション。テレビシリーズを爆発的人気のうちに終了し、音楽CDソフトなどで間をつなぎながら、夏の映画もそこそこ計算が立つ優良コンテンツだろう。
さて、一方で最近人から借りて読んだのが「新暗行御史」。韓国発のファンタジー漫画だ。話の筋は韓国の伝説をもとにしたものが多く、日本人には馴染まないものもあるが、ぶっちぎりの画力で、キメ画を見開きでやられると、感心するしかない。
ビジネスとしては、単行本がどんだけ売れているのか知らないが、TVシリーズをすっとばして、いきなりの映画化である。東京・大阪のみ、しかも池袋と梅田のスカイビルでは、商売としては多くを望むべくも無い。映画への出資会社の多さからすると、それぞれの出資者のリスクは少ないし、韓国での番組販売も期待できるとしての企画だろうから、こちらはこちらで一理はあるコンテンツ活用だ。
それにしても、一般人から見て同じオタク漫画にしか見えないハガレンとアンギョーの間にある、月とスッポンほどの、雲と泥ほどの儲け具合の格差は何だろう。方やスクエニの「ガンガン」、方や天下の小学館の「月刊サンデー」連載だが、誰もが角川=「少年エース」=エヴァよろしく、セフィロトの樹ならぬ「金の成る樹」を求めて安易な企画を乱発している様は、あんまりにも小さい。話が小さすぎる。ま、でも下手な鉄砲も数打ちゃ当たるわけで、当たったときのリターンを考えると、それこそ「エヴァ」のように、やめられないよな、コンテンツビジネス。

話は全然関係ないが、今テレビでやってる新宿の年収1億円ホストの芸風が、阿部サダヲと一緒なのが笑ろた。
posted by 西中島・南方 at 22:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ムービー★スター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

オポチュニティ(レッツ・メイク・ロット・オブ・マネー)

今日は久々に渋谷へ。ついウッカリHMVへ寄ってしまった。つーか、先日、有効期限1年のポイントカードを失効して以来、HMVへは水曜日以外行かないことを決意していたのだ。水曜日はポイントが2倍つくのは当然ご存知のことと思う。さっさと溜めてさっさと使わねば。通常500円で1ポイントのところ、水曜日は500円で2ポイント。100ポイントで2,500円引きということなので、頑なにWポイントデーだけでポイントを溜めてやっと10%引きだ。25,000円の購入なら1年で充分にクリア出来る数字だろう。
というわけで、本日、物色したものは・・・
続きを読む
posted by 西中島・南方 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月30日

スキャッタード・ブレイン(アズ・デッド・アズ・リーヴズ)

bokutouさて、とかく世の中は物騒なのであるが、最近深夜0時ごろ自転車で自宅へ急いでいると、ジョージ・ルーカス似のオヤジが木刀を振り回しながら犬を連れて歩いているのに出くわすことがある。確かに、最近は我が家の界隈でもひったくりだの何だのという話を聞くので、願わくばあのヒゲオヤジが自衛のために木刀を持ち歩いていると信じたいのだが、50mほど先にこの木刀オヤジが現れると、思わず自転車を止めて警戒しながら対峙したくなる。まあ大概はこっちも酔っ払っているので、何気なくルーカスwith木刀のおっさんの脇を通り抜けるのであるが、サイドバイサイドの一瞬だけは言いようの無い緊張が走るものである。
今日はヤツにこそ出くわさなかったものの、とある電車の駅で、車窓からホームのベンチでピンクの箸で弁当を遣っている30内外の女性を目撃してしまった。弁当箱に入っていたので自作弁当と思われるが、内容がなぜかソバ。メガネの女性は一心不乱にソバをすすっている。夜中の9時に。
彼女は何故、駅のホームで泣きながら(ウソ)弁当を貪らなければならなかったのか。お茶も飲まずに。
東京でひっつめの女が寒空のホームで星明りを頼りに弁当箱を開ける頃、ロサンゼルスのキッチンでは、早起きのキャリアウーマンが最愛の息子のランチボックスにチルドのチキンを詰めている。
そうやって、僕らは弁当箱をリレーしているんだ。経度から経度へと。
そうしていわば交替で地球を守る。のか? テキトー。
posted by 西中島・南方 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 終わりなき日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月29日

ステイ・オン・ディーズ・ロード

seesaaが回線を強化したおかげで異様に快適になった。良い事だ。さて、週末に実家からエンコ用のCDをサルベージして、ガリガリやった結果、ついにiPod収録曲が4,000曲を超えた。探していたa-haの2枚も発見された。a-ha再評価! というわけではないが、"take on me"じゃないいい曲があったような気がする。が、残念ながらシャッフル再生につき、いまだにa-haは聴けてない。
何か最近出したレコードが売れたようなのだが、Phantom Planetのデビューアルバムとか出てきて、これを京都だか大阪のHMVで試聴までして買った当時は、全く話題にもならず、どの音楽雑誌にも載ってなかったので、また変なものを買ってしまったと思っていた。それが、やっと時代が俺に追いついたか・・・って他にも時代に埋もれたCDがゴマンとあるのは言うまでも無い。
それと同時に松田優作と沢田研二のベスト版(2枚組み!)も発見された。こんなのを買っているとは、狂っているとしか思えない。一応、持ち帰ってみたものの、これをiPodへ入れるには勇気がほんのちょっとだけ足りないようだ。いや、名曲ぞろいなんですけどね。
posted by 西中島・南方 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月26日

ソウル・ケージ

sonoko忙殺され中なので、魂が死んでいる。
一昨日、銀座でSONOKOの看板を目撃。中央上部に浮かんでいる白いモノが例の顔面である。死者の顔で商売をするとは、色んな意味で太い根性だ。
夜中の2時に、眼の周りが真っ黒な還暦近い和服女性のいる店に突入。激しい場末感とは裏腹に、店の移転が新聞沙汰になるほどの有名店だったらしいのだが、むしろ迷物店と言ったほうが相応しい、これも色んな意味で味わい深いものがあった。写真も撮ってみたけど、これは公開できる感じがしないので、勘弁してください。
posted by 西中島・南方 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 終わりなき日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月22日

アンチ・エブリシング

改めて振り返ってみるとスタジオジブリ作品は「ナウシカ」以来、「千と千尋」までスクリーンでは観ていなかった。「ナウシカ」は原作まで買って入れ込んだのに、以降「ラピュタ」から「もののけ」まで観ていないのだ。「トトロ」や「魔女宅」ですら、最近までテレビでも観ていなかった。そして毎年お盆に放送される「火垂るの墓」に至ってはいまだに観たことが無いというこの非国民っぷり。
今までに多分100人くらいと「ジブリでは何が好き?」という、世が世ならオタクトークと言われかねない生ぬるいトークをしてきたが、多分一番人気は「ラピュタ」だ。いかんせん観たことが無いので「パズーが好き」とか言われても返す言葉が無い。そんな俺が一番好きなジブリ作品は「耳をすませば」だったりした事もあったのだが、一般的に切なく甘酸っぱい作品といわれている「耳すま」なだけに、まるでセンチメンタル気質同士、傷舐めあいトークに振られる事が変に多いので、最近は言わないようにしている。何か登場人物が皆、幽霊みたいなシュールさが好きだったのだが。「耳すま」は死の匂いに満ちている。
で、「千尋」の公開後くらいに「もののけ姫」のDVDをもらってからは、すっかり「もののけ」ファンである。いやマジであのテンションには参った。善人も出てこなけりゃ悪人も出てこない。人生ってそんなもんだし、人間が生きるってそんな事よねと、これはもうすっかり全肯定するアニメだ。○皇が神を殺すなんていうアニメを作る凶暴さがステキだ。
と、一通りジブリ嗜好を詳らかにした上で「ハウル」なんだが、「もののけ」「千尋」に較べたら明らかに喰い足りないお話だ。映像、演出のどれをとっても、「スチームボーイ」や「アップルシード」とは格が違う。今年観たアニメでクオリティにおいて拮抗しうるのは「イノセンス」くらいだが、やっぱり「ハウル」の方が見応えがある。
しかし、いかんせん話が散漫で、物語の終盤などは明らかに帳尻合わせの尻切れトンボに見えた。メッセージ性ということで言えば、執拗に描かれる掃除・炊事・洗濯・老人介護に現代人が忘れた(であろう)、ありうべき家庭像の快復を望む、まるでハウス食品のCMのようなノスタルジーを見て取ったが、そこには「もののけ」の野蛮さも、「千尋」の他者との断絶という批評性も無いようだ。今や「ジブリブランド」ともいうべきドル箱映画となったジブリ作品が、某テレビ局製作映画とは対極の質素な露出で公開されることと、この「ハウル」の小品っぷりは決して無縁なことではないだろう。公開されるだけで、これほど過度な期待を集めてしまうと、「期待はずれ」と言って「ハウル」クサすことはちょっと酷な気がするのだった。まあ観て下さい。
posted by 西中島・南方 at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ムービー★スター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月18日

リヴ・フォーエバー

setagaya写真はかなり手ブレておりますが、大人計画「イケニエの人」というのを観に、世田谷パブリックシアター突入の瞬間です。
別に自慢するわけじゃないが、大人計画を初めて連れられて観に行ったのが93年の「セックスキングダム」。一時はかなりハマったので、部分公演とかも行ってたんだが、99年の「母を逃がす」以降、全くチケットが取れなくなった。宮藤官九郎(関係ないが、昔、公演後のミスド下北店で本人を見かけたくらいの頃はナチュラルに「ミヤフジ」だと思ってました)とか阿部サダヲがメジャーになるのと同時に、「今もっとも入手困難なチケット」になってんだな、大人計画。
そんなわけで、今回は大人の手段で席を抑えてもらいました。ありがとうごぜーますだ。で、俺の席周辺は同じように闇ルートで(何の苦労もせずに)、チケットを入手したハサミで切ったような服だったり、帽子着用率90%なオサレ関係さんたちばかり。「スズキさんがさー」とか言ってましたが、もしかして「スズキさん」って松尾スズキのこと? 「トムさんがね」ってもしかして宮崎吐夢のことですか!? クルーズやハンクスじゃないですよね。さすが、裏の人は会話が違う! 
んなわけで、客電が落ち、舞台が始まり、例によって「ナゴム」とか「創価」とか「キチガイ」とか系のネタには笑わせていただきました、が! 今回の舞台、敢えて言おう、カスであると!(寒い)
今や押しも押されぬ人気劇団を捕まえて、昔好きだったという理由だけで貶すわけではありません。昔から知ってっけど、最近は客に迎合してっからよー、ま、メジャーになったってことだなっつー自己顕示欲とは無縁のところで、「つまんなかった」、ような。
話まとまってないし、演出も場当たりっぽかったし。役者のテンションも低いんじゃありませんか? まさか終わりじゃねーよなって思ってたら舞台明るくなってカーテンコール。いや、まだ呼んでないから。あと30分でもやって収拾つけてくれよ、てな不完全燃焼なガス臭い舞台でありました。
アンケート書いたから次回からDM来るかなー。ここまで堕ちると却って次が観たいぞ。
posted by 西中島・南方 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(2) | 終わりなき日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月15日

ムー

daiba今日は台場へ。帰り際、急に晴れたので写真を撮ったら、ビルに怪しい光が・・・。某局が発信している毒電波だろうか。
関係ありそうで、関係無いが、電車の中で「ムー」をカバンに仕舞う人を目撃してしまった。眠たそうな顔をした、化粧気の無いひっつめの女性でした。今時、珍しいものを見た。いつの世も市井の神秘主義は決して廃ることが無いのですね。
posted by 西中島・南方 at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 終わりなき日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。