2005年01月02日

アワー・ラスト・デイ

yuki雪でした。ちょっと積もってすぐ溶けたね。
さて、ゆるゆると酒浸りの年末年始に、カープ方面で動きが。
ここ数年の先発打ち込まれ→中継ぎも止めきれず→打線が追い上げたときには→最後のリレーが失敗。というカープの定番メニューを支えてくれた玉木と菊地原が放出されるらしい。特に、投げても投げても使い減りしないスチールアーム、ベストプレーならスタミナSの南米原産玉木重雄なんか、あーた、無償で楽天にプレゼントですよ。意味がわかりません。
ついでにシーズン最多登板記録も樹立した左の菊地原も放出。顔の手入れには佐々岡直伝の金粉クリームを是非オススメしたいくらいで、顔面的にはやや難アリだったものの、あれだけ貴重な左投手を放出って、これも意味不明だ。
この「プロ野球チームをつくろう!」並にドラスティックな改革がどうでるか? 再来年は新球場出来るみたいだし、早いとこ市民球場に行かなくては。
posted by 西中島・南方 at 18:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

ピュア・モーニング

caseついにiPodケースを購入。あれこれ悩んだ(というほどでもないが)結果、suonoというところのtoccaに決定。前面がビニールなので、クリックホイールもグリグリ動かせる、つーか実際に使ってみると、今までホイールが滑りすぎて1項目ずらすのに変な集中力が必要だったが、ビニール越しだと程よい滑り具合に変身。メニュー選びが格段に良化。意外な効能だ。
一応、内側にヘッドフォン収納スペースとしてマチがついたポケットがあるのだが、実際にヘッドフォンを収納すると、ケースを閉じられないくらいの厚さに。こっちはあんまり実用的ではない感じだ。でも、しょっちゅうポロポロ取れて鬱陶しいヘッドフォンのイヤーパッド(スポンジのヤツ)のスペアを入れておけば、いつパッドをロストしても安心かも。

さて、ケースを新調した一方で、いよいよ、iPod内の曲データをバックアップすることにした。新しくPod野郎というユーティリティを試してみることにする。実はこちらのソフトの目玉は、充電池の残量表示を数値化するというところにあったりするので、早速数値化。うちの場合、フル充電状態で476でした。この数値が100前後になると電池切れということらしい。ついでと言っては何だが、曲の取り出しも出来るみたいなので、曲リストを抽出させてみる・・・結構時間がかかるのね。曲リストの取り出しはPickPodの方が圧倒的に速いな。
で、抽出された曲リストを見ると、Pod野郎の画面上では曲名やアルバム名が歯抜けのようにリスト化されていない曲がちらほらと。今回のバックアップはiTunesでライブラリを作成したのと同じようにフォルダを構成してもらい、iPodに書き戻すのが目的なので、アルバム名とかが失われてしまうとちょっと心配だ。
なわけで、結局PickPodで曲の取り出しをする。設定のデフォルトはiTunes_Musicフォルダと同様のディレクトリ構成を作成できるので親切だ。
曲の取り出し作業は、結局約40分ほど。作業中も他のアプリをグリグリ使用していたわりには思ったよりも高速だ。
本当のことを告白すると、今回のバックアップの主たる目的は、iTunesとiPodの同期を試してみたくなったということでもある。40GBのバックアップ環境には未だ不安はあるものの、やっぱりiTunesを使う以上、その主たる機能を等閑視したままというのも不味かろうと思っちゃったりしたわけだ。どうせバックアップするなら、同期した方が楽しそうだし。
iTunes以外でエンコしたデータも、詳細設定で「ライブラリに追加時にファイルを[iTunes_Musicフォルダ]にコピーする」にチェックを入れておけば、iTunesでデスクトップとかに作ったフォルダをライブラリに加える際、自動でiPod用のフォルダにディレクトリ構造を整理した上でコピーしてくれる。楽だ。デスクトップの方のフォルダは削除しても良い。
ああ、こうやってiTunesに侵食されていく俺のデスクトップ・ミュージック・ライフ! でも人間楽な方が楽だから(何だそれ)、いいよね。それって、ステキやん?(紳助復帰反対!)
posted by 西中島・南方 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(1) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月27日

パーク・ライフ

本日は神保町へ。遅い昼飯をと思い、とあるラーメン屋へ。神保町、ラーメン激戦区ですか! 軒を連ねるタイラーメンから尾道ラーメンまで。適当に安そうなところへ入る。頼んでから2分で出てきたラーメンは、純東京風。なかなかの美味だった、のだが、スープに漂う黒い毛・・・。さりげなく箸で摘んで捨てようと思ったのだが、この毛、麺に食い込んでやがる。製麺場から練りこまれてますね。まあ、この程度の異物混入はままある事なので、大人しく最後まで食し、カウンターに上げる時に「毛、入ってましたよ」と新千円札とともに提出したところ、おばちゃんに右手で制され、「また来てね」と御代受け取り拒否。こないだ、吉野家の豚キムチ丼に同じく異物混入でロハにしてもらったときは何だか言いようの無い罪悪感があったものだが、今回は気持ちよくゴチになりました。いやホントは気持ち良くないんだけど。
そんなわけで、昼食代を浮かし、何気に古本屋など巡ろうかと思いつつ、やっぱり神保町の古本屋は敷居が高い。そんな中、ガレージセール然と、半オープンスペースでワゴンセールをやっている古本屋を発見。ふらっと入って、「幻の湖」原作本を発見してしまう。
mizuumiこれは運命ですか??
と、ついうっかり購入。500円也。実はそのワゴンセール、2冊買っても、3冊買っても500円という投売り状態だったものの、10分検討して、購入する本が他に無かったので、もっともコストパフォーマンスの悪い1冊指名買い。おまけに「幻の湖」ですから、「マーフィーの法則」古本を500円で買う並に高額落札。
帰りの電車でつらつら読んでおりましたが、まんま映画で、ある意味脱力。あれだけのぶっち切り映画なのだから、きっと映画には描ききれなかった裏設定みたいなノリで楽しめるかと思いきや、逐一、映画まんまでビビる。
「終業後2時からミーティングでーす」っつってトルコ嬢のミーティングで、髪型自由化の討論をやってるとこなんか台詞まで一緒ですから。

「本当の自分じゃなく、違った人間にでもならなきゃ、トルコの仕事なんて出来るわけがないわよ!」

ま、キリシタンお美代の謎が解けるようなことを期待して読んでみるので、結果が出たところでまたご報告します(1週間に1ぺんくらい「幻の湖」or「宇宙パルサー」の検索語でヒットしてくる人向け)。
posted by 西中島・南方 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 終わりなき日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

ショッキング エクスプレス

sakusakuところで、例のsaku sakuがDVDになるらしい(amazon.co.jp)。ジゴロウ名曲集はCDでは欲しくないけど、映像が付いてたら欲しいかも。ちなみに、西中島・南方のお気に入りは「ワofカ」の歌である(どこの歌か地名は忘れた)。
と思いつつも、saku sakuを繰り返し観るってのはあまり想像出来ない。saku sakuが面白いのは、あれが仮にも情報番組だからな気がする。みんな忘れがちだが、あの番組は音楽情報番組ですから。時事系のネタがありつつ、旬(?)なアーティストが出たりPVが掛かったりという、今ココ感に、30過ぎダムガン好きなおっさん=増田ジゴロウと、20歳浮世離れしたヌルい娘=木村カエラが絡むんだか絡まないんだか、っつーズレが楽しいのでは? ズレといえば、取り上げるアーティストが世間相場からかなりズレていることが多いのもこの番組の魅力である。そのおかげでオーノキヨフミとか知ったし。
で、DVDだが、「面白い名場面だけ取り出しましたー!」って言われてもなあ・・・。「巨神兵がドーン!」な場面を編集で繋がれても笑えるか自信がありませぬ。 あ、でもゲストのトークを1週間分連続で見られたらちょっと良いかな? とか思いつつ、きっとかなりステキな立体物系のオマケが付くであろうこのDVD、そうは言ってもやっぱり買えません。
posted by 西中島・南方 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 終わりなき日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アペタイト・フォー・ディストラクション

最近、iPodをPCと同期(以前にも書いたように、プレイリストの同期は外しているので、正確にはiPodの情報を読み取らせているだけ)させると、以下のエラーメッセージが・・・

iTunes: iTunes.exe - 壊れたファイル ファイルまたはディレクトリ\iPod_Control\Device\SysInfoが壊れており、読み取ることができません。CHKDSKユーティリティを実行してください。

ディレクトリはiPodのものなので、iPodにCHKDSKを掛けろということなのだろうが、そんな恐ろしいことはようせん。というわけで、多分、iPod を工場出荷時の設定に戻すをすれば良いと思われる。このSysInfoというファイルを一旦削除してみても良いかなーと悪魔のささやきが聞こえないでもないが、何にしても曲をバックアップしないことには始まらないようだ。
実は、このエラーが出たのは結構前のことなのだが、別に不具合も何にも無いので、ずーっと放置していた。バックアップを取らなければならないという見込みも、エラーの出た当日に思いついていたのだが、以前ダウソしたPickPodの他のファイル取り出しソフトを物色しているうちに年末に(年末はあまり関係が無い)。
しかし既に4,241曲、12.4日、23.49GBに膨らんだ俺のライブラリをPCに転送するのには一体、どれだけの時間がかかるのであろうか? いくら480Mbpsの転送速度を誇るUSB2.0とはいえ、絶対気の遠くなるほどの時間が掛かるはずだ。で、しかもバックアップしたらそれを戻さなきゃなんねえだよな。ゲンナリ。
posted by 西中島・南方 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

時の過ぎゆくままに

今日(昨日)は五反田。21:30に解放されて目黒で石焼ビビンバなど。それにしても井の頭線! 混み過ぎ。何でみんなあんなに飲むかな。正体をロストしている男女多数がぐらりぐらりと電車の加減速に合わせてドタドタなっている様は、はっきり言って異様です。俺の横にいた膨張色を着たやや太りの女は妖しいステップを踏みながらケータイの着信履歴をチェック。履歴が3人くらいでループしてますから! こちとら確かにビール飲んでますけど、あんたらの赤ら顔、つーかベトナム従軍者みたいに充血した目、ズバリ怖いです。明日が休みだからなのか、テッペン(12時)回った電車で、あそこまで無法もとい不毛地帯なのもやはり、年末ということで。ところによってはホーム封鎖されるくらい混むって言うもんな。
ちなみに明日は7時に家を出る予定。もう働かなくていいですか?
posted by 西中島・南方 at 01:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 終わりなき日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

イージー・ブリーズィー

psp昨日の晩と、今朝、方向の違う電車でEYと書いた青いビニール袋を持った男たちを数名目撃した。昨晩拝見した男は白スーツにグラサン、オールバック。横にしなだれかかった女がおもむろに男の肩に掛けた真っ赤なタオルは・・・EIKICHI YAZAWAAAA!!!(こちらから購入できます)

いずれのEYさんたちも、とても楽しそうにしておられたのが非常に印象的でした。いいんじゃないでしょうか。そういうのも。

さて、年末進行+忘年会の嵐によって、言い間違いや取り違え、メールの誤送信など、テンパリムードの中、皆様いかがお過ごしでしょうか。そんな周囲の細くて美しいワイヤーのような緊張感の中、暢気に会社からyahoo掲示板ばかりか、ついにMIXIにカキコしている輩に軽く殺意を覚えつつ、発売初日に買ったという物好きな方からウワサのPSPを借りてみました、3分だけ(図参照)。
出る出るとは聞いていたものの、「タァーッチ」な宇多田さんのインパクトの所為か、どちらかというとNINTENDO DSの方に意識が行っていて、もちろんDSは買うつもりなど毛ほども無かったものの、PSPにも食指が動かなかったのもまた事実。実際に触ってみると、もろ所有欲だけを満たさんばかりの重量とフォルム。ゲームの起動中は完全ブラックアウトでかなり待たされる。実質は5秒くらいなのだろうか。キュインキュインUMDが動くのを感じつつもかなり不安を覚える立ち上がりだ。その分、というわけではないが液晶はモーレツに綺麗。動画再生なんかステキだと思われる。ただ、実際、電車の中で映像を楽しんだり、ゲームを楽しんだりするにはやや重量オーバーな感じ。両手でホールドする姿勢は長時間になると案外キツイのではないか。音楽も再生出来るに違いないこのPSP、個人的にはトイレでの使用が適していると見た! 個室でゆっくりと「みんゴル」にうつつを抜かすってのも案外オツかと。ま、痔にはくれぐれも注意だけどな!
posted by 西中島・南方 at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 終わりなき日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月20日

ニュー・イヤーズ・デイ

たまの休みと思ったら、年賀状の準備をしていないことに気付いてしまった。というわけで、一生懸命、年賀状をレイアウト。結局、色々合成するよりは、シンプルなものが一番良いみたいだ。こってりしたゴージャス仕様もと思ったものの、世相はシンプルさを求めているに違いない(ここ20年くらい)と、点、点、点、と画像とテキストを配置してお終い。でも半日くらいかかってんだよね。あとは寝るだけ。お寒い休日。
posted by 西中島・南方 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 終わりなき日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

ア・マイナー・インシデント

spain渋谷で打ち合わせ2件(おぉ、バリバリ仕事してる人みたいだ!)。昼間っから制服ブレザーの高校生が歩き煙草で不自然なくらい両肩を揺らしながら(お前は自信満々で芝居してる時のウィル・スミスかッ)闊歩するセンター街。マンバギャルも拝むことに成功。それをデジカメで撮影する白人観光客もキャッチ! 何かもう、怖くて歩けないですよ、もはや。懐からiPodを出そうとして、いや待て、ここでそんな高価なものを出したら百発百中かっぱらわれる、とまで思わせるデンジャーストリート。俺も年を取ったっつーことなのか。唇にピアスぶら下げて、黒人(もしくはエミネム)が着てるみたいなダウンジャケットを着た「若者」になんか勝てるとはとても思えません。公園通りとかはそこまでじゃないんだけどなぁ。
で、スペイン坂、シネマライズ下の看板にカエラちゃん発見。セセラとデビューアルバムの連貼り(っていうのかしら)広告。通りがかる女子高生(推定)が「カエラちゃんって可愛いよねー」となんかの仕込みたいに通り過ぎるのを待ってから撮影。代理店の人くらいには思われていただろうか。しかし、セセラのCF並びに広告のカエラちゃんは、それほど可愛くないような気がしてならないのは俺だけだろうか。
知らない間にDRAMAとか中堅どころの中古CDショップが何軒か出現していたのも意外だったが、そんな中古CD屋とか服屋の店先で「Happiness!!!」が掛かりまくっていたのもびっくりした。もしかして渋谷系(古い)ですか?>木村カエラ
打ち合わせは対照的なことに、片やラウンジでお茶など取って頂きながらベルリンの話やらロンドンの話やら和やかに談笑ムード。片やビルの空きスペースにちっちゃな椅子を差し向かいにセットされ良く言えば間接照明なダークな場所に軽く軟禁状態でお互い両膝に肘を乗せながらこちとら20年これで飯食ってんじゃあんまりなめてっと痛い目みんぞコラわかってんのか若造みたいな雰囲気(いや、あくまでイメージですのでそんな切った張ったの商談をしていたわけではありません)、でも最後は握手みたいな(これもイメージ)。
まあ、なんにしても会社の外で人と話しているのは、一日べったり会社の自分の席に座っているよりは、精神衛生上よろしいものだ。
posted by 西中島・南方 at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 終わりなき日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月11日

ブロークン・ウィング

daiba2実は先日、お台場でパーティーに出席。周りが誰も知らない人だったので、却ってエンジョイする。人と喋らなければ、立食パーティーは単なる飲み放題、食べ放題の宴会である。
それにしても、こんなに不便なところにある複合商業施設とか、案外儲かっているようなのが不思議だ。この夜も観覧車とか自由の女神とかが寒々しく見えたのだが、帰りのゆりかもめには、無防備な絡み合うカップルが何組も蠢いていた。
交通の便を考えると、お台場の商業施設は従業員を集めるのが大変そうだ。正直、わざわざお台場まで通勤するのはかなり苦痛だろう。出勤時間に遅刻しそうな時に、ゆりかもめにグルグル回られたら(ほら、レインボーブリッジの直前で意味無く回るじゃん)、ストレスで憤死してしまうんじゃないかとか思う。
そういえば、以前、うちの会社の偉い人が台場に行くのに「かもめーるに乗っていけばいいんだな!」と大声で言っていて、失笑を買っていたが、ああいうのはナチュラルに間違えてしまうのだろうか。それとも狙い? 年を取るということは本当に想像できないものだ。
想像できないといえば、○RANGE RANGEが売れているが、聞く度にダサいしカッコ悪っ、とか思いつつ、何がカッコ悪いのかがはっきりしないのだが、あれをカッコイイと思えるお年頃も想像の埒外なんだよな。まだ福山雅治の方がカッコイイじゃん。※相対的にですよ、為念。
posted by 西中島・南方 at 21:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 終わりなき日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。