2004年10月17日

トリロジー

trilogyげに恐ろしきはBlogかな。どうも金曜日から風邪を引いたらしく、いい感じに熱が出ているというのに「ブ、Blogを書かなくては・・・」とうなされていたらしい(もちろんウソ)。
というわけで、やっと「スター・ウォーズ」トリロジーBOXを観終わった(ただし本編のみ)。いかにEp.I、Ep.IIがつまらなかったかを再認識するとともに、やっぱりEp.Vが最高傑作だと当たり前の結論を導くに終わったのであった。
で、今回のBOXは97年ごろ(だったかな?)に劇場公開された「特別篇」バージョンでの収録。「スター・ウォーズ」自体、初のDVD化なので、初公開バージョンが観たいという好事家には不向きかも。それにしても何しろ画が猛烈にキレイ。レイアのブスっぷりがより鮮明に! マニアにはたまらん。さらに、各本編には今回のDVD化のための変更が・・・!
詳細は適当にググッて探して欲しいのだが(つまりそれくらいどうでもいい変更です)、「ジェダイの帰還」(一応、DVD化に合わせて新しいタイトルで)でダース・ベイダーが荼毘に付されたあと、半透明化しての登場シーンが、ヘイデン・クリステンセンに! とても善の心が目覚めて息子を暖かく見守る目つきじゃない。そりゃ、あのアミダラを狙ってるときのギラギラ目つきだよ、アナキン!
さあ、次は12月の「王の帰還」SEEだな! 楽しみ楽しみ。
posted by 西中島・南方 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ムービー★スター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。