2004年10月13日

デビルマン

先週の金曜日から映画「デビルマン」が公開されているはずだ。幼稚園の時に友達の家で原作を読んだのが運のツキ。「デビルマン」は俺のトラウマとなり、何度も読み返して追体験を繰り返した今でも心のコミックBEST3をあげろといえば、必ず入れたくなる「デビルマン」。満を持しての実写映画化なのだが・・・、予告で見る限り、目を覆いたくなるCGのショボさ。案の定、ボロクソに言われている映画評。
だが、観たい。はっきり言って「CASSHERN」の時より観たい。でも観たくない。あの原作を冒涜するような出来のものを目撃する事に耐えられるのか、俺(既に駄目な映画と決め付けてますが)。あーこのアンビバレンツ。
一方で「ぶっちぎりで暗い」と評判の「誰も知らない」で、とりあえず人生を見つめ直してみようかとも思う今日この頃。珍しく映画を観たい気になっているのだった。疲れてんのか?
posted by 西中島・南方 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ムービー★スター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。