2005年03月29日

Deep Love #001

deeplove.jpg相当出遅れてるっつーかもはや誰も話題にしてないのかも知れないけど、未だにコンビニの雑誌売場やレジ奥に、そっと置かれているドラマ版「Deep Love」。女子高生を中心に爆発的アクセス数を稼いだという携帯小説「Deep Love」。いや、多分、女子高生がエンコーしてヤク中になって自殺して終わり、みたいな話に違いないと、勝手に想像していたりしてました。そして、あちこちで罵詈雑言を浴びせられている劇場版「>Deep Love」。インテリ面した会社の人も馬鹿にしてました「Deep Love」。でも売れてるらしい。何故か急に、今更ながらに興味がわいてきた「Deep Love」。さすがに買うのは憚れるなあと思いつつ書店で探してみると、「Deep Love」だけで4種類くらいあんのね。
というわけで、本屋の立ち読みだけで「Deep Love」を読破してみようじゃないか! 15分で読めるって評判だし。
まずは「Deep Love アユの物語」今回は約15分ほどの立ち読み。・・・意外に骨が折れる。何だこの鬱陶しさは。確かに、1ページ10行くらいしかないから、どんどん読める、つーか展開速すぎ。エロと説教の間にめくるめくジェットコースターストーリー。もしかして、このエロ描写と説教を読み飛ばせばいいのか?

エンコーやってるアユは1回5万の女子高生でホストと半同棲しながら、近所のおばあちゃんと出会って、何か忘れたけど「きれいな涙」を流されて意気投合しちゃって、そんな折、公園で拾った舌を切られた犬(捨て犬なのに入ってる箱に「パオ」って名前が書いてある)をおばあちゃんに預けていつの間にか一緒に暮らすうちに、おばあちゃんの空襲体験を話されて、それによると、おばあちゃんの妹は空襲で死んだんだそうで、ついでにおばあちゃんも脚悪くして、その後おばあちゃんは特攻兵と「一夜限りの結婚」をして、多分おばあちゃんは遊女じゃないとは思うんだけど、いつの間にか、どっかから拾ってきた養子かなんかを育てたんだけどってな話になってて、その子供は実の親にぶん取られておばあちゃん悲しい、とか言ってるうちにアユの友達のレイナもアユに誘われるままにエンコー始めて、アユの彼氏のホストは200万円の借金作ってアユに用立てて欲しいと泣きついて、アユはおばあちゃんが内職で溜めた150万を盗んで、エンコーで稼いだ50万と合わせてホストに渡してみるものの、すっかりシャブ漬けのホストはあっさり首吊り自殺して、そういえばレイナは何かスケ番みたいな女の男に手を出してボコられて太ももに「売女」って傷付けられた腹いせに、アユはそのスケ番みたいなのにコーヒーぶっかけてお返しにシャーペンぶっ刺したのはいいんだけど、そこでアユのトラウマが発動したらしく、何とかおばあちゃんに電話掛けて助けに来てもらうんだけど、無理して駆けつけた所為かおばあちゃんはあっさり死んじゃって、遺族としてやって来たおっさんに連れられている少年がやっぱり「きれいな涙」なんか流しやがって、どうもこれから話に噛んでくるらしい。

何だか「幻の湖」に通じるトンデモ展開だなあ。

ともあれ、こりゃ携帯で読む用に出来てるよ、実際。携帯というパーソナルな画面で読むエロ小説ですな。事実、立ち読みしてるのはちょっとこっ恥ずかしかったのだ。
とりあえず、アユのトラウマの謎(俺が読み飛ばしてただけなのか?)と、おばあちゃんの隠し子(??)が気になるぞう! ちなみにここまで読んで1巻の4分の1くらい。先は長いが、待て次回!
posted by 西中島・南方 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Deep Loveサーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2681248

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。