2005年03月27日

美しい魂

tamashii.jpg例の「無限カノン」3部作の第2作にして、クライマックス。主人公の父親(っつっても、実質的にはこのカヲルさんが主人公だよな)と、天皇の嫁になる女の「禁断の恋」が描かれる。つまり、皇太子を含む三角関係の話なのだ。スゲー。
ちなみに皇太子は快活で爽やかな、強靭な意志の持主、みたいな描かれ方で、その筋(どの筋だよ)の方にはご不満かもしれません。
カヲルさんは、金持ちの養子でカウンターテノールでヤクザの親戚の関取と大手新聞記者が友達で義理のお姉さんまで含んで超モテモテで義理のお兄さんは当然の如くゴクツブシで義父の会社の総会屋と揉めてアメリカに渡ってホモの歌の師匠に迫られて皇太子のお妃候補になってしまった初恋の人が忘れられなくて帰国して右翼に狙われて最後のデートをして・・・
という話だったような気がするんだけど、当然、皇太子に勝っちゃまずいわけで、カヲルさんは恋に破れるわけですよ。いやまあ、設定だけで充分不敬罪に値する話なんですが、これまでも島田雅彦という作家は一貫して天皇制を巡る物語を書き続けてきたわけで、これだけやっても話題にならないってのは何気にちょっと悲しいよな。
深沢七郎の「風流夢譚」や大江健三郎の「政治少年死す」のように、新潮社に右翼が乗り込んできたなんつー話も聞かないし。まあ時代が違うといってしまえばそれまでで、誰にでも開かれた皇室、つーのか、変な失言までしちゃう皇太子ってのは確かに人間くさい。そういうソフト路線の皇室相手じゃ、サヨクとウヨクの軋轢なんて起きようが無いんだろうな、と。
ま、それはともかく、「美しい魂」は充分に読み応えのある恋愛小説とも言えるので、女性にもオススメ! 装丁もキレイだし、って変にまとめてみた。

ちなみに、3部作の完結篇「エトロフの恋」は見事に駄目な感じだ。だーかーらー、あんたの紀行文はつまんねーんだよ、島田さん。
posted by 西中島・南方 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2625164

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。