2005年01月16日

クビキリサイクル

kubikiri.jpg家の近所の本屋は割りとオタクライク(∴◎∀◎∴)な店員が大分権力を持っているのか、コミック売場とかが妙に気合が入っている。「鋼の錬金術師」が最前面に出ているのはともかく、何か聞いた事のないメイドマンガとかが堂々と平積みになっていて、しかも立ち読みできない代わりに、コピーされた数ページ分の見本が付いていたりする。小売店の営業努力なので、版権がどうこうとかは言われないと思うが、何かあれだ、ちょっと入れ込み過ぎ?
さて、そんなオタク書店ならずとも平積み率の高い作家に西尾維新という人がいるのには、ちょっと前から気付いていたものの(もちろんオタク書店ではコーナー展開している)、韓国ゲームみたいなイラストが踊る表紙なだけに、レジへ持っていくのは相当恥ずかしいなと敬遠していた。しかし、これ程までに平積まれ、挙句は「ユリイカ」まで特集するに至って、「ま、1冊なら」と読んでみた。清涼院流水とか佐藤友哉とか、失敗は多々あるが、読まず嫌いは良くない。
「電車男」がベストセラーになるなど、一億総オタク化な日本にあって、「クビキリサイクル」もやっぱりオタクバナシだった。コミュニケーション不全の登場人物、アイロニカルな心象風景、パソコン、メイド(!)。一応ミステリなので、人が死んだりトリックがあったりということなのだが、それは味付けに過ぎない。赤面必死の会話や、アニキャラ風の扉画など、ニートでオタクな脳内妄想としてはなかなか面白かった。( ´-)y-~~
しかし、主人公の友人でたるるーとみたいなサヴァン症候群の娘は、よーく考えるとあんまり存在意義なくね? シリーズ化されてるみたいなので、今後も活躍してくれるとは思うけど、最後に出てきた名探偵さんの方が相当キャラ立ちしてたな。というように、一種のキャラクターノベルでもあるので、そういうのがお好きな方はどうぞ。俺的には2冊目も読んでみようかなーレベル。まあまあ。
posted by 西中島・南方 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。