2004年12月26日

アペタイト・フォー・ディストラクション

最近、iPodをPCと同期(以前にも書いたように、プレイリストの同期は外しているので、正確にはiPodの情報を読み取らせているだけ)させると、以下のエラーメッセージが・・・

iTunes: iTunes.exe - 壊れたファイル ファイルまたはディレクトリ\iPod_Control\Device\SysInfoが壊れており、読み取ることができません。CHKDSKユーティリティを実行してください。

ディレクトリはiPodのものなので、iPodにCHKDSKを掛けろということなのだろうが、そんな恐ろしいことはようせん。というわけで、多分、iPod を工場出荷時の設定に戻すをすれば良いと思われる。このSysInfoというファイルを一旦削除してみても良いかなーと悪魔のささやきが聞こえないでもないが、何にしても曲をバックアップしないことには始まらないようだ。
実は、このエラーが出たのは結構前のことなのだが、別に不具合も何にも無いので、ずーっと放置していた。バックアップを取らなければならないという見込みも、エラーの出た当日に思いついていたのだが、以前ダウソしたPickPodの他のファイル取り出しソフトを物色しているうちに年末に(年末はあまり関係が無い)。
しかし既に4,241曲、12.4日、23.49GBに膨らんだ俺のライブラリをPCに転送するのには一体、どれだけの時間がかかるのであろうか? いくら480Mbpsの転送速度を誇るUSB2.0とはいえ、絶対気の遠くなるほどの時間が掛かるはずだ。で、しかもバックアップしたらそれを戻さなきゃなんねえだよな。ゲンナリ。
posted by 西中島・南方 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1400552

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。