2004年12月06日

ゴリラがバナナをくれる日

angyoメディアミックスだなんだで儲かりまくっている鋼の錬金術師は、理詰めのオタクライクな完成度であまり好きではない。まあ、でも話の筋は通っているし、画力も一定以上。次から次へと登場する個性的なキャラと、制服フェチにはたまらない軍人ファッション。テレビシリーズを爆発的人気のうちに終了し、音楽CDソフトなどで間をつなぎながら、夏の映画もそこそこ計算が立つ優良コンテンツだろう。
さて、一方で最近人から借りて読んだのが「新暗行御史」。韓国発のファンタジー漫画だ。話の筋は韓国の伝説をもとにしたものが多く、日本人には馴染まないものもあるが、ぶっちぎりの画力で、キメ画を見開きでやられると、感心するしかない。
ビジネスとしては、単行本がどんだけ売れているのか知らないが、TVシリーズをすっとばして、いきなりの映画化である。東京・大阪のみ、しかも池袋と梅田のスカイビルでは、商売としては多くを望むべくも無い。映画への出資会社の多さからすると、それぞれの出資者のリスクは少ないし、韓国での番組販売も期待できるとしての企画だろうから、こちらはこちらで一理はあるコンテンツ活用だ。
それにしても、一般人から見て同じオタク漫画にしか見えないハガレンとアンギョーの間にある、月とスッポンほどの、雲と泥ほどの儲け具合の格差は何だろう。方やスクエニの「ガンガン」、方や天下の小学館の「月刊サンデー」連載だが、誰もが角川=「少年エース」=エヴァよろしく、セフィロトの樹ならぬ「金の成る樹」を求めて安易な企画を乱発している様は、あんまりにも小さい。話が小さすぎる。ま、でも下手な鉄砲も数打ちゃ当たるわけで、当たったときのリターンを考えると、それこそ「エヴァ」のように、やめられないよな、コンテンツビジネス。

話は全然関係ないが、今テレビでやってる新宿の年収1億円ホストの芸風が、阿部サダヲと一緒なのが笑ろた。
posted by 西中島・南方 at 22:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ムービー★スター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近はオタク漫画と一般向け(??)の垣根がなくなりつつあるようで、非常に悲しい思いをしています。
管理人氏の紹介する2作品も、キャラが独善的で人の話は聞かないし、登場人物同士でコミュニケーションしてないし!!!こうゆう人と関われない空気がオタク漫画の特徴だったような気がするんですが。(高河○ん・CLA○Pあたり?)最近は大ヒット一般向け少年漫画(NARUT○とか)にも同じような傾向が見受けれ、げんなりする次第ですよ。
……でも、売れたりするんだよね…
企画の人は多分30代多しだろうと思うんですが、「売れりゃーいいのかい?あんた、変わっちまったよ…」と、つぶやかずにはおられません。
Posted by ゆ。 at 2004年12月07日 13:38
最近売れている漫画といえば「DEATH NOTE」(「週刊少年ジャンプ」ですな)みたいですが、これもあからさまにオタク向けっぽくて、もはや漫画を買っているのはオタクだけなのかと、あるいは一億総オタク化(これは多分強ちウソではないので、そのうちテレビとか雑誌で特集されると見た)なのかと。
そういえば以前、電車の中でエロ漫画(単行本)を読んでいる見るからなオタク様を見たときも衝撃だったけど、こないだエロ小説を読んでいる中年サラリーマンを見たのも、それなりに衝撃だった。恥も外聞も無くなる事ってあるんですね。
Posted by 西中島・南方 at 2004年12月07日 22:42
エロ小説は結構いるよー。
革のブックカバーをつけてる親父の手元を覗くと、「香は豊満な胸を云々」とかで、ラッシュ時に真剣な顔してましたとも。
それに、新幹線の本屋などではエロ小説満載なので、きっとオジサン達にとっては、電車=エロなのでしょう。個人的には30代(モテない)独身OL風の人が占いの本とかを必死で読んでたりするほうが苦笑してしまいます。
Posted by ゆ。 at 2004年12月08日 16:38
電車=エロでは困ります。亜大の人みたいになってしまいます。
しかし何も電車の中で読まなくったっていいじゃないか。せめて会社のトイレでとかにして欲しいもの。
Posted by 西中島・南方 at 2004年12月09日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1214331

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。