2004年11月22日

アンチ・エブリシング

改めて振り返ってみるとスタジオジブリ作品は「ナウシカ」以来、「千と千尋」までスクリーンでは観ていなかった。「ナウシカ」は原作まで買って入れ込んだのに、以降「ラピュタ」から「もののけ」まで観ていないのだ。「トトロ」や「魔女宅」ですら、最近までテレビでも観ていなかった。そして毎年お盆に放送される「火垂るの墓」に至ってはいまだに観たことが無いというこの非国民っぷり。
今までに多分100人くらいと「ジブリでは何が好き?」という、世が世ならオタクトークと言われかねない生ぬるいトークをしてきたが、多分一番人気は「ラピュタ」だ。いかんせん観たことが無いので「パズーが好き」とか言われても返す言葉が無い。そんな俺が一番好きなジブリ作品は「耳をすませば」だったりした事もあったのだが、一般的に切なく甘酸っぱい作品といわれている「耳すま」なだけに、まるでセンチメンタル気質同士、傷舐めあいトークに振られる事が変に多いので、最近は言わないようにしている。何か登場人物が皆、幽霊みたいなシュールさが好きだったのだが。「耳すま」は死の匂いに満ちている。
で、「千尋」の公開後くらいに「もののけ姫」のDVDをもらってからは、すっかり「もののけ」ファンである。いやマジであのテンションには参った。善人も出てこなけりゃ悪人も出てこない。人生ってそんなもんだし、人間が生きるってそんな事よねと、これはもうすっかり全肯定するアニメだ。○皇が神を殺すなんていうアニメを作る凶暴さがステキだ。
と、一通りジブリ嗜好を詳らかにした上で「ハウル」なんだが、「もののけ」「千尋」に較べたら明らかに喰い足りないお話だ。映像、演出のどれをとっても、「スチームボーイ」や「アップルシード」とは格が違う。今年観たアニメでクオリティにおいて拮抗しうるのは「イノセンス」くらいだが、やっぱり「ハウル」の方が見応えがある。
しかし、いかんせん話が散漫で、物語の終盤などは明らかに帳尻合わせの尻切れトンボに見えた。メッセージ性ということで言えば、執拗に描かれる掃除・炊事・洗濯・老人介護に現代人が忘れた(であろう)、ありうべき家庭像の快復を望む、まるでハウス食品のCMのようなノスタルジーを見て取ったが、そこには「もののけ」の野蛮さも、「千尋」の他者との断絶という批評性も無いようだ。今や「ジブリブランド」ともいうべきドル箱映画となったジブリ作品が、某テレビ局製作映画とは対極の質素な露出で公開されることと、この「ハウル」の小品っぷりは決して無縁なことではないだろう。公開されるだけで、これほど過度な期待を集めてしまうと、「期待はずれ」と言って「ハウル」クサすことはちょっと酷な気がするのだった。まあ観て下さい。
posted by 西中島・南方 at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ムービー★スター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 えー。ラピュタ観たこと無い…ンデスカ。ちなみに私もラピュタはかなり好きだった(過去形)。なんせ、子供の頃観たきりだから、今だったらどう感じるかは判りません。ただ、コナンのときと言い、ロリコンオヤジが印象的だったなぁ。まあ、監督ご自身が…ですから…ねぇ。
 耳すばの死の匂いってのは、主人公のお父さんの声のことですか??
 ハウス食品て、フリルのエプロンのお母さんが、子供に星型の人参の入ったシチューとか食べさせる会社でしょ?確かにノスタルジー。少なくともオール電化ではない感じが。
Posted by ゆ。 at 2004年11月27日 01:02
「耳すま」のお父さんの声は立花隆ですね。「トトロ」ん時のお父さんは糸井重里。で「ハウル」における今回の素人さんは・・・大泉洋くらい・・・か?
「耳すま」の死の匂いを説明するのは難しいですが、何かやたらと車が走ってるとことか、団地とか丘とか、どのキャラも生き生きしてないとことか。そんなんです。
Posted by 西中島・南方 at 2004年11月29日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。