2004年11月13日

シングル-バイリンガル

jb前にも書いたように、西中島・南方はiPodとiTunesを同期させていない。もっともリッピングとエンコードはiTunesを使っているし、蓄積された曲目リストは眺めているだけで楽しいものだ。もうひとつ不満があるとすれば、iTunes上で再生した時の音質の不味さだ。音の好みという問題ではないと思うのだが、非常に音抜けが悪いように感じる。そんなわけで、音楽の再生は昔からバカのひとつ覚えのようにWinampで行っている。Winamp5になってからの新しいModern Skinとかいうのが重たいような気はするが、まあ使い慣れてるし、再生音量のノーマライズ機能を搭載した"TOMASS LIMITER"(何かWinampの公式サイトのプラグイン一覧からは消えてしまったので、興味がある方は自力でググって欲しい。いくつかの海外サイトからダウソ出来るみたいだ)がなかなかいい味を出している。他にも非常に細かい設定が出来るようだが、デフォルトのまま使用しているだけでもノーマライズ時の音質変化が少ないように思う。
で、こないだ気が付いたのだが、iTunesでエンコードしたMP3ファイルの内、日本語タイトルがついているものが、Winampのプレイリスト上で文字化けているのである。Winampの日本語化ツールを色々試したが解決せず、気になって夜も眠れない日々を過ごしていたが、文字化けの原因は、日本語表示についてiTunesがUnicode対応なのに対して、WinampがShift-Jis対応なのだとか。MacとWindowsの間で起こる文字化けみたいなものだろうか。そもそもiPodってアップルだし。
で、解決方法なのだが、この度、in_mpg123というプラグインを導入したことで解決してしまった。このプラグインはもともとWinampの音質向上に供する老舗のプラグインだったと思うのだが、現在では「改悪バージョン」というのがWinamp5.xに対応している。iTunesでエンコしたファイルがMP3であれば、このプラグインがUnicodeからの変換を行ってくれるので文字化けを回避できるようだ。もしAACとかにエンコしてたら別なプラグインを探す必要があるので悪しからず。
posted by 西中島・南方 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。