2005年04月10日

iGain

uraomote.jpg夜毎さくさくCDをエンコしているiPodユーザー共通の悩みは、やはりシャッフル再生時の音量のばらつきなんじゃないだろうか。その昔、エアチェックしたり貸しレコードで借りてきたレコードからシングル曲を集めたりして「俺コンピ」を作ってた時は、手動でカセットデッキの録音レベルをいじっていたもんだけど、iPodの場合はどうなんだ?
圧縮音楽ファイルなんだからエンコード時にノーマライズ(音量を揃えること)も出来そうなもんだが、iTunesにはその機能は無さそう。再生時のノーマライズ機能はあるけど、何か音が変になる。無理矢理感があるですよ。
特に昔のCDは今のCDに較べて音が小さい。これは現代人の難聴傾向を示しているのだろうか・・・っていう話はともかく、俺のiPodでも、a-haとかあんまりにも激しく寂しげに鳴るので、ノーマライズのユーティリティを探してみることにした。
どうも、メジャーなのはMP3Gain(窓の杜)という海外ソフト。iPodに溜め込んだファイルがMP3ならばこれが有力。ただし元のファイル自体をいじるので、取り返しの付かない事になったらアワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ とかなっちゃう臆病者な俺的にはパスだ。(実際にはundo機能でいつでも元ファイルに完全に復元出来るようだ)
というわけで続いて発見したのがiGainというフリーソフト。こちらのソフトは、元ファイルには手を加えずに、iTunes並びにiPodの再生時の「知覚音量均一化」を行ってくれるソフト。つまり、同じ音量で聞こえるようにプレイヤーのボリュームを勝手に調整してくれる、みたいなことだ、多分。こちらのソフトの特徴はMP3ファイルのみならず、AACファイル、Appleロスレスファイルに対応していること。続きを読む
posted by 西中島・南方 at 23:52| Comment(39) | TrackBack(8) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。