2005年02月25日

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還

lotr.jpgいやーamazonからは発売前日に来てたんだけどね。で、運んできたペリカン便のおっさんが「今日はamazonさん多いねー」と言っていたそうだ。みんな買うよね、やっぱり。
というわけで、長かった(12時間)フロド様の旅もついに終わりだ。ローハンの王様が檄を飛ばすシーンあたり、「二つの塔」の壮絶な戦闘シーンとは違って、クロサワっぽい作りで良かったね。ファラミアの特攻とか、エオメル死んだ? なとこは鳥肌もんだし、概ね満喫。とかいいつつ、サルマンが塔から落っこちて死んだ後あたりで、やや落ちた。いや、眠かったもんで。
最後の大蛇足は「王の帰還」のエンディングとしてはやや冗長なものの、「ロード・オブ・ザ・リング」三部作のエンディングと思えば、まあ許せるかな。遠い昔に読んだ記憶のある原作でも、指輪棄ててからが異様に長かったような気がするし。
ちなみに、最近、会社では仕事を放棄することを「エルフの国に行く」と言うことにしています。みんな仕事でボロボロに傷ついてるからねー。エルフの国で癒せるものなら喜んで船に乗りますとも。
2枚の特典ディスクにも相当、期待してるんだけど、見る暇ねーよ(;´Д`)。ところで、いつぞや「旅の仲間」SEEの隠し映像でジャック・ブラックが大活躍、というネタを書いた気がするけど、「王の帰還」SEEの隠し映像は(多分)メリーやってた人(いや、メリーとピピンの区別がつかないのさ)が、イライジャ・ウッドにドッキリインタビューをする、というもの。最初は普通のインタビューだったのが、段々「ゲイ」話になって、最後に「実はドッキリでしたー」っつって大笑いって感じ。衛星インタビューということになっているので、イライジャにはインタビュアーが見えないっていう仕掛け。
この隠し映像の出し方はいままでと一緒。本編ディスク1枚目のチャプターセレクトで、一番最後のチャプターからさらに下を押下。すると指輪のマークが出現するので、そこで再生を。まあ、あれだ。「旅の仲間」のJBがあまりにも可笑しかったので、以降の二つの隠し映像はちょっと期待はずれかな。
というわけで、次は日本語吹き替えで2度目の本編鑑賞を予定。そしていつか、きっと、12時間耐久「ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション」大会をやるつもりだ。いつか、きっと。
posted by 西中島・南方 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ムービー★スター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。