2005年01月26日

きみとぼくの壊れた世界

kimiboku.jpg最近Seesaaがメンテナンスページのレイアウトをカラフルに仕様変更して以来、どうも動作が重くなって困る。
それはさておき、早速「きみとぼくの壊れた世界」である。しかし、こんなもん電車の中で読めねーよ。
「お兄ちゃんイヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!! 」みたいな妹萌え描写など、とてもとても・・・。勘弁してくれ。一応、講談社ノベルズなので、ジャンル的にはミステリと思ったら大間違い。萌え系学園恋愛シミュレーションゲーム小説でした。

別にモテそうにないのに、同級生から妹まで、やたらモテまくる主人公キャラ、ふざけた登場人物名(ま、これは今時よくあることか)、最良の行動を選択肢よろしくフラグを立てながら「選択」する主人公の行動様式。「ぼく」を中心とした極小の「世界」はかくも平々凡々と、黄金色の卵焼きの如く美しく閉じられて、緩やかに過ごされていくのか。
多分ミステリファンからしたら噴飯ものの「トリック」はさておき、一応の探偵役、病院坂黒猫(この名前だけは秀逸だね)が披瀝する数々の長広舌は、時として鋭い舌鋒となって気持ち良かったりする。特に「古典」と呼ばれる小説を称して「初代ファミコンゲームを今更やる気がしないのと同じ理由で、読む気がしない」というのには笑った。
しかし、物語の要諦は、人間関係の網の目で構成される「世界」が常に余所余所しく感じられるナイーヴな登場人物たちが、自分の「世界」の綻びを取り繕おうと他者への暴力的な干渉の手を、こわごわと、おずおずと差し伸べようとするアティテュードにこそあるのだろう。「エヴァ」におけるATフィールドのごとき、主人公の理知の(心の)壁。その透明な膜の向こうにいる3人の女。妹、同級生、売春婦。物語の結末で3人それぞれと、それぞれに「特別な」関係を先延ばしに、微熱的に続けていこうとする様は決して気持ちの良いものではない。まるでセイラから「逆襲のシャア」に出てきた(名前も忘れてしまったような)愛人キャラを取っかえ引っかえしていたキャスバル兄さんのように、都合よく手前勝手に女と関係性を取り結ぼうとする、まさに「ときメモ」(やったこと無えけど)のプレイヤーキャラの如き醜悪さだが、それが作者の意図的な狡賢ささえ感じられるトリックであろうことは想像に難くない。
何にせよ、登場人物たちに、フィクションが「真実」を生むことを執拗に語らせるこの西尾維新という人はある程度、信頼に足る作家であることが判明しただけで収穫としたいと思う。このまま推理小説の自己言及の迷宮に彷徨えば法月綸太郎のように書けなくなるということになりかねないが、そんなヤワなタマじゃない感じだ。舞城のようにフィクションの強度といっていい筆圧があるわけでも、例えば伊坂幸太郎のような社会性とプロットの妙があるわけでもないので、個人的には次回作に期待、という程ではないものの、記憶に残る本だったことは事実だ、けど、一言で言ってオタク向けなんだよな、なんてね。( ´-)y-~~

ちなみに、本作の主人公のような人間は、小説やゲームと違って現実世界では絶対に女にモテない、と思う。
posted by 西中島・南方 at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。