2004年11月30日

スキャッタード・ブレイン(アズ・デッド・アズ・リーヴズ)

bokutouさて、とかく世の中は物騒なのであるが、最近深夜0時ごろ自転車で自宅へ急いでいると、ジョージ・ルーカス似のオヤジが木刀を振り回しながら犬を連れて歩いているのに出くわすことがある。確かに、最近は我が家の界隈でもひったくりだの何だのという話を聞くので、願わくばあのヒゲオヤジが自衛のために木刀を持ち歩いていると信じたいのだが、50mほど先にこの木刀オヤジが現れると、思わず自転車を止めて警戒しながら対峙したくなる。まあ大概はこっちも酔っ払っているので、何気なくルーカスwith木刀のおっさんの脇を通り抜けるのであるが、サイドバイサイドの一瞬だけは言いようの無い緊張が走るものである。
今日はヤツにこそ出くわさなかったものの、とある電車の駅で、車窓からホームのベンチでピンクの箸で弁当を遣っている30内外の女性を目撃してしまった。弁当箱に入っていたので自作弁当と思われるが、内容がなぜかソバ。メガネの女性は一心不乱にソバをすすっている。夜中の9時に。
彼女は何故、駅のホームで泣きながら(ウソ)弁当を貪らなければならなかったのか。お茶も飲まずに。
東京でひっつめの女が寒空のホームで星明りを頼りに弁当箱を開ける頃、ロサンゼルスのキッチンでは、早起きのキャリアウーマンが最愛の息子のランチボックスにチルドのチキンを詰めている。
そうやって、僕らは弁当箱をリレーしているんだ。経度から経度へと。
そうしていわば交替で地球を守る。のか? テキトー。
posted by 西中島・南方 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 終わりなき日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月29日

ステイ・オン・ディーズ・ロード

seesaaが回線を強化したおかげで異様に快適になった。良い事だ。さて、週末に実家からエンコ用のCDをサルベージして、ガリガリやった結果、ついにiPod収録曲が4,000曲を超えた。探していたa-haの2枚も発見された。a-ha再評価! というわけではないが、"take on me"じゃないいい曲があったような気がする。が、残念ながらシャッフル再生につき、いまだにa-haは聴けてない。
何か最近出したレコードが売れたようなのだが、Phantom Planetのデビューアルバムとか出てきて、これを京都だか大阪のHMVで試聴までして買った当時は、全く話題にもならず、どの音楽雑誌にも載ってなかったので、また変なものを買ってしまったと思っていた。それが、やっと時代が俺に追いついたか・・・って他にも時代に埋もれたCDがゴマンとあるのは言うまでも無い。
それと同時に松田優作と沢田研二のベスト版(2枚組み!)も発見された。こんなのを買っているとは、狂っているとしか思えない。一応、持ち帰ってみたものの、これをiPodへ入れるには勇気がほんのちょっとだけ足りないようだ。いや、名曲ぞろいなんですけどね。
posted by 西中島・南方 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月26日

ソウル・ケージ

sonoko忙殺され中なので、魂が死んでいる。
一昨日、銀座でSONOKOの看板を目撃。中央上部に浮かんでいる白いモノが例の顔面である。死者の顔で商売をするとは、色んな意味で太い根性だ。
夜中の2時に、眼の周りが真っ黒な還暦近い和服女性のいる店に突入。激しい場末感とは裏腹に、店の移転が新聞沙汰になるほどの有名店だったらしいのだが、むしろ迷物店と言ったほうが相応しい、これも色んな意味で味わい深いものがあった。写真も撮ってみたけど、これは公開できる感じがしないので、勘弁してください。
posted by 西中島・南方 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 終わりなき日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月22日

アンチ・エブリシング

改めて振り返ってみるとスタジオジブリ作品は「ナウシカ」以来、「千と千尋」までスクリーンでは観ていなかった。「ナウシカ」は原作まで買って入れ込んだのに、以降「ラピュタ」から「もののけ」まで観ていないのだ。「トトロ」や「魔女宅」ですら、最近までテレビでも観ていなかった。そして毎年お盆に放送される「火垂るの墓」に至ってはいまだに観たことが無いというこの非国民っぷり。
今までに多分100人くらいと「ジブリでは何が好き?」という、世が世ならオタクトークと言われかねない生ぬるいトークをしてきたが、多分一番人気は「ラピュタ」だ。いかんせん観たことが無いので「パズーが好き」とか言われても返す言葉が無い。そんな俺が一番好きなジブリ作品は「耳をすませば」だったりした事もあったのだが、一般的に切なく甘酸っぱい作品といわれている「耳すま」なだけに、まるでセンチメンタル気質同士、傷舐めあいトークに振られる事が変に多いので、最近は言わないようにしている。何か登場人物が皆、幽霊みたいなシュールさが好きだったのだが。「耳すま」は死の匂いに満ちている。
で、「千尋」の公開後くらいに「もののけ姫」のDVDをもらってからは、すっかり「もののけ」ファンである。いやマジであのテンションには参った。善人も出てこなけりゃ悪人も出てこない。人生ってそんなもんだし、人間が生きるってそんな事よねと、これはもうすっかり全肯定するアニメだ。○皇が神を殺すなんていうアニメを作る凶暴さがステキだ。
と、一通りジブリ嗜好を詳らかにした上で「ハウル」なんだが、「もののけ」「千尋」に較べたら明らかに喰い足りないお話だ。映像、演出のどれをとっても、「スチームボーイ」や「アップルシード」とは格が違う。今年観たアニメでクオリティにおいて拮抗しうるのは「イノセンス」くらいだが、やっぱり「ハウル」の方が見応えがある。
しかし、いかんせん話が散漫で、物語の終盤などは明らかに帳尻合わせの尻切れトンボに見えた。メッセージ性ということで言えば、執拗に描かれる掃除・炊事・洗濯・老人介護に現代人が忘れた(であろう)、ありうべき家庭像の快復を望む、まるでハウス食品のCMのようなノスタルジーを見て取ったが、そこには「もののけ」の野蛮さも、「千尋」の他者との断絶という批評性も無いようだ。今や「ジブリブランド」ともいうべきドル箱映画となったジブリ作品が、某テレビ局製作映画とは対極の質素な露出で公開されることと、この「ハウル」の小品っぷりは決して無縁なことではないだろう。公開されるだけで、これほど過度な期待を集めてしまうと、「期待はずれ」と言って「ハウル」クサすことはちょっと酷な気がするのだった。まあ観て下さい。
posted by 西中島・南方 at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ムービー★スター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月18日

リヴ・フォーエバー

setagaya写真はかなり手ブレておりますが、大人計画「イケニエの人」というのを観に、世田谷パブリックシアター突入の瞬間です。
別に自慢するわけじゃないが、大人計画を初めて連れられて観に行ったのが93年の「セックスキングダム」。一時はかなりハマったので、部分公演とかも行ってたんだが、99年の「母を逃がす」以降、全くチケットが取れなくなった。宮藤官九郎(関係ないが、昔、公演後のミスド下北店で本人を見かけたくらいの頃はナチュラルに「ミヤフジ」だと思ってました)とか阿部サダヲがメジャーになるのと同時に、「今もっとも入手困難なチケット」になってんだな、大人計画。
そんなわけで、今回は大人の手段で席を抑えてもらいました。ありがとうごぜーますだ。で、俺の席周辺は同じように闇ルートで(何の苦労もせずに)、チケットを入手したハサミで切ったような服だったり、帽子着用率90%なオサレ関係さんたちばかり。「スズキさんがさー」とか言ってましたが、もしかして「スズキさん」って松尾スズキのこと? 「トムさんがね」ってもしかして宮崎吐夢のことですか!? クルーズやハンクスじゃないですよね。さすが、裏の人は会話が違う! 
んなわけで、客電が落ち、舞台が始まり、例によって「ナゴム」とか「創価」とか「キチガイ」とか系のネタには笑わせていただきました、が! 今回の舞台、敢えて言おう、カスであると!(寒い)
今や押しも押されぬ人気劇団を捕まえて、昔好きだったという理由だけで貶すわけではありません。昔から知ってっけど、最近は客に迎合してっからよー、ま、メジャーになったってことだなっつー自己顕示欲とは無縁のところで、「つまんなかった」、ような。
話まとまってないし、演出も場当たりっぽかったし。役者のテンションも低いんじゃありませんか? まさか終わりじゃねーよなって思ってたら舞台明るくなってカーテンコール。いや、まだ呼んでないから。あと30分でもやって収拾つけてくれよ、てな不完全燃焼なガス臭い舞台でありました。
アンケート書いたから次回からDM来るかなー。ここまで堕ちると却って次が観たいぞ。
posted by 西中島・南方 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(2) | 終わりなき日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月15日

ムー

daiba今日は台場へ。帰り際、急に晴れたので写真を撮ったら、ビルに怪しい光が・・・。某局が発信している毒電波だろうか。
関係ありそうで、関係無いが、電車の中で「ムー」をカバンに仕舞う人を目撃してしまった。眠たそうな顔をした、化粧気の無いひっつめの女性でした。今時、珍しいものを見た。いつの世も市井の神秘主義は決して廃ることが無いのですね。
posted by 西中島・南方 at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 終わりなき日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

ビルディング・ザ・パーフェクト・ビースト

中国新聞 10年目の首位打者 嶋重宣物語
 ベストプレーとかで外野手の下の方にいたな、長打力「C」とかで。スポーツドキュメント好きにはたまらない読み物。

ひとり股旅スペシャル@広島市民球場グッズ
 思わず何か買わなきゃと思いつつ、結局「微妙ー」なグッズの数々でした。ライブの方は来年映画化されるとか。カエラちゃんも出るぞ。

>何てこと言っとったら、ここにきて新たに木村カエラちゃんちゅう若い娘が参加してくれることになったけぇ。彼女もまた事務所の後輩なんじゃが、ファッション誌のモデルもやりゃあ、デビューシングル「Level42」が絶好調なんじゃけ。これで前夜祭の盛り上がりも新曲「happiness!!!」みたいな感じじゃ!楽しみにしときんさいよ〜。(奥田民生ひとり股旅スペシャル@広島市民球場 前夜祭〜プレーボールまで待てんのじゃ!ナイト〜より)

ということらしい。

2004年 広島東洋カープ契約更改交渉
 みんな給料安いねー。しかし長谷川「保留」って、相変わらず身の程知らずだ。どうせ来年も風邪引いて秋頃の消化試合あたりでのこのこと出てくるんだろうな。森笠・天野>東出になってメデタイ
posted by 西中島・南方 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月13日

シングル-バイリンガル

jb前にも書いたように、西中島・南方はiPodとiTunesを同期させていない。もっともリッピングとエンコードはiTunesを使っているし、蓄積された曲目リストは眺めているだけで楽しいものだ。もうひとつ不満があるとすれば、iTunes上で再生した時の音質の不味さだ。音の好みという問題ではないと思うのだが、非常に音抜けが悪いように感じる。そんなわけで、音楽の再生は昔からバカのひとつ覚えのようにWinampで行っている。Winamp5になってからの新しいModern Skinとかいうのが重たいような気はするが、まあ使い慣れてるし、再生音量のノーマライズ機能を搭載した"TOMASS LIMITER"(何かWinampの公式サイトのプラグイン一覧からは消えてしまったので、興味がある方は自力でググって欲しい。いくつかの海外サイトからダウソ出来るみたいだ)がなかなかいい味を出している。他にも非常に細かい設定が出来るようだが、デフォルトのまま使用しているだけでもノーマライズ時の音質変化が少ないように思う。
で、こないだ気が付いたのだが、iTunesでエンコードしたMP3ファイルの内、日本語タイトルがついているものが、Winampのプレイリスト上で文字化けているのである。Winampの日本語化ツールを色々試したが解決せず、気になって夜も眠れない日々を過ごしていたが、文字化けの原因は、日本語表示についてiTunesがUnicode対応なのに対して、WinampがShift-Jis対応なのだとか。MacとWindowsの間で起こる文字化けみたいなものだろうか。そもそもiPodってアップルだし。
で、解決方法なのだが、この度、in_mpg123というプラグインを導入したことで解決してしまった。このプラグインはもともとWinampの音質向上に供する老舗のプラグインだったと思うのだが、現在では「改悪バージョン」というのがWinamp5.xに対応している。iTunesでエンコしたファイルがMP3であれば、このプラグインがUnicodeからの変換を行ってくれるので文字化けを回避できるようだ。もしAACとかにエンコしてたら別なプラグインを探す必要があるので悪しからず。
posted by 西中島・南方 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月10日

コミュニケイション・ブレイクダウン

先ほど新しい記事を作成してアップロードしたところ、接続できず記事が消えた。以前Livedoorんときに起こったのと同じ現象がこちらで起きている。記事は直接ブラウザから書いているので、帰ってこない。同じ内容を二度書き直すのもアホらしくて出来やしない。一気に眠たくなって来た。
というわけで、駄文で再チャレンジしてはみるが、普通あれですか、ツールとか使うんですか? seesaaのトップにも怪し気なツールのリンクが貼ってありますが・・・。
posted by 西中島・南方 at 23:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 終わりなき日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジ・アンフォーゲッタブル・ファイア

シーツがカープを去るらしい。去年来た時は神宮でヤツの守備を見ているだけで、満足したものだ。何しろ、それまでのキムタク×東出の二遊間のあまりにあけすけなザルっぷりには心底辟易していたから。で、守備のおまけだったはずの打つ方も、腕だけで打ってるみたいなのに変に打ったから、非常に心象は良かった。去年まではな。
で、今年は、去年までは「東出なら追いつけもしなかった打球に絡んでのエラー」と許せたヤツの守備が「不用意なグラブ捌きでのナチュラルなエラー」を連発する東出化が進み、打つほうは打つほうで外のスライダーを空振りもしくは遊ゴロ、という絵に描いたような凡打っぷりで新井化。グレッグ・ラロッカという愛すべきキャラをふとした弾みでゲットしたカープにとっては、(お金も無いことですし)何処へなりと去っていただいても何の問題も無いと言いたいが同時に、今やチームカラーとなったザル守備の中にあって、ちょっとは輝いていたジンガイとして記憶に残しておきたいと思う。来年は阪神に行くという噂もありますが・・・。そしてカープのショートはきっとまた若いザルが。何とも呆れるほどに憎めないチームだな、ホントに。
posted by 西中島・南方 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月08日

ア・デザイン・フォー・ライフ

akadamaU2バージョンとかいってサントリーの赤玉みたいなiPodが出ましたな。裏にメンバーのサインが刻印、って引っかき傷にしか見えません。iPodの革新性に共鳴したU2はCM出演料をロハにしたとか、Yahooニュースで見たような気もしますが、U2にしてみりゃ宣伝効果グンバツ。JETとかSTERIOGRAMとかが舗装した路をハダカの大御所が練り歩くって感じのプロモーションで、却って銭ゲバ感が増幅されている感じだ。
そしてさり気にiPod Photoとかいうこれまた微妙な新製品が出てるじゃありませんか。液晶がカラーになるのは自然の流れなんですが、

>iPod Photoが身近にある限り、笑顔を引き出すためにわざわざ「チーズ」などと声をかける必要はありません。 音楽を聴いていても、写真を眺めていても、とにかく自然に笑みがこぼれてきます。

とか、

>iPod Photoをプロジェクタやテレビにつなぐのです。 iPod Photoに入っている音楽をBGMに、息をのむようなスライドショーを披露すれば、あなたの友達も家族も必ずこの素晴らしいマルチメディア体験に魅了されるでしょう。

とか、マジ気で言ってんのか、アメリカ特有のオプティミズムなのか日本人の俺には理解できません! それ自体では写真が撮れるわけではないので、音楽ファイル同様に画像ファイルもiTunesで転送してどこへでも持ち歩こう!みたいなことなんだろうけど、それ自体で写真が撮れるのに、別に人に見せびらかす機会もそんなにない写真を溜め込めるカメラ付携帯が普及しているお国の人間には不当に高いだけの無用の長物なのか?

ところで、エンコして転送した後の音楽データはHDDから削除しているわけなんですが、マイiPodの曲数も3,500を超え、さらに日々のエンコ(ちょっと大げさ)で増殖しているデータのバックアップの必要を今更感じ始めたのであります。40Gもまっさらに空いているHDDなど持っていないので、HDD増設かDVDメディアに焼き焼きするかというあたりを検討しているものの、いずれにしても1万円オーバーの小口整備となり決裁事項じゃん、それって、とか二の足を踏む今日この頃、さらに今更なことに、iPodからiTunes経由でのPCへの書き戻しが出来ないことを知ってしまった。違法コピー対策なのかもしれんが、なかなか不親切な仕様だ。
そこで、便利なフリーソフトを探したところ、PickPodというソフトを発見。iPodからPCへの曲転送に特化したソフトのようだ。とりあえずダウソ。ちなみにメジャーなI氏のつぼというのは、シェアウェアな上に、うちの環境ではインストール出来なかった(謎)。まあ、このフリーソフトさえ導入すれば、あとはバックアップ先を整備するのみ。いよいよ本気で考えねば。
posted by 西中島・南方 at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月06日

リベンジ・オブ・ザ・シス

revengeついにというか、やっとというか、ともかくも"STAR WARS EPISODE III REVENGE OF THE SITH"のトレーラーが公開された。
前半はEPISODE IVからオビ・ワンのモノローグ。いわく、ベイダーっていう裏切り者のジェダイが最強で、みんな殺された、と。んで、極悪面のアナキンが振り返った後、例の呼吸音が入って皇帝の呼びかけ、「ロォード・ヴェイダァー・・・」ベ「イエス・マスタァー」皇「ルァアーイズ」とか言いながらベイダーが起き上がってくる演出に不安を禁じ得ない。そして、最後20秒くらいでフラッシュバックされる新しい映像の数々についても、歓声を上げるウーキーたちがジャージャーたちを髣髴とさせるとか、あいかわらずパペットの動きを最新の技術で再現するという倒錯した存在であるCGヨーダも健在だとか、全然目新しくないのだが、まあそれが却って「スター・ウォーズ」らしくていいのかな、とか思い直すことにした。
同日、スポーツ紙にも掲載されたティーザーポスターの方は地味なことこの上ないっつーかデザインのセンスを疑う(ってのも毎度のことだ)。眼の上下に傷の入ったアナキンは一部で早速、大槻ケンヂと呼ばれたりしている。
ともあれ、今回「アナキンが何故ダース・ベイダーになったか? など、様々な謎がついに明かされる」とかいう感じで煽られる事になると思われるが、よーく考えてみても、ファンにとって、「謎」なんて別に無いじゃん。何がどうなろうと、EPISODE IV〜VIの話からは絶対に逸脱出来ないから。ちなみに西中島・南方としては、なんで皇帝があんなに一生懸命ライト・セーバーを振り回しているのかが気になるのでした。って結局楽しみにしてんじゃん。
posted by 西中島・南方 at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ムービー★スター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月04日

なんだったんだ?7days

casshern実は「デビルマン」を観た後、ついウッカリ「CASSHERN」(2度目)をビデオで観てしまったのだが、何も新しい発見は無かった。が、伊勢谷友介の芝居でさえまともに見えるのだから恐ろしい。麻生久美子は相変わらず寝っ転がってるだけなので、芝居もヘッタクレも無い。
んで、毒を食らわば皿までというわけで、「キューティー・ハニー」もTSUTAYAで借りてみた。後悔した。しかも新作扱いで翌日返却しなきゃならんあたりがさらに脱力だ。アクションシーンはそれなりに斬新なのでまあ良しとしたいが、基本的に自主映画っぽくて退屈な映画なんだなー。バカっぽく見せよう見せようという演出が役者の芝居を上滑りなものにしているようだ。
というわけで、隠していたが「NIN×NIN」も観てしまっているので、2004年人気漫画の実写化シリーズ全部を振り返ってみると、ましな順に、駄目映画の「CASSHERN」>>退屈な「キューティー・ハニー」>何故造った!?「NIN×NIN」>>>>>クソ映画「デビルマン」という、当初予想からは考えられない評価順になってしまった。ちなみに「キューティー・ハニー」と「NIN×NIN」にそう差は無い。
まあ良く考えてみれば「ルパン三世」にしても「ゴルゴ13」にしても、太古の昔より、名作漫画の実写映画作品はトンデモ映画ばかりだったのだから、そう深刻に嘆くことではないのかも。20年くらい経って、珍品豊作の年として記憶に残る1年となったことは、却って喜ばしいことかもしれない。そういえばまだ「鉄人」が残ってるな。
※画像は会社の後輩に教えてもらった切ない事件。
posted by 西中島・南方 at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ムービー★スター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

ステアウェイ・トゥ・ヘヴン

shinagawaようやく気持ちが落ち着いてきたのだが、先週末に「デビルマン」を観に行った。行ったのは品川プリンスシネマ。つまらない映画館だった。
それにもまして、いや、あり得ないほどの酷さで俺を打ちのめしたのが「デビルマン」だ。俺が言いたいことの半分くらいは、こちらのサイト(映画デビルマンを徹底的に叩く!!)に書いてあるので、是非、熟読して欲しい。話はそれからだ。
続きを読む
posted by 西中島・南方 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ムービー★スター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月01日

ヘヴン・ノウズ・アイム・ミゼラブル・ナウ

「デビルマン」を観たショックでBlogに書き込む気力を失っている・・・。
posted by 西中島・南方 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 終わりなき日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。